ケトン体から考える糖質制限ダイエット成功への道

たとえ運動をしなくてもケトン体を知れば空腹感0で脂肪がスッキリ落ち、体重もストンと落ちます!糖質制限ダイエットの成功のカギはケトン体にあり!ケトン体の知識こそがあなたのダイエットを成功へと導いてくれます。

そもそもケトン体って何?

time 2016/12/08

そもそもケトン体って何?

食べ物から摂取している栄養素のうち、三大栄養と呼ばれるものは、糖質、脂質、タンパク質です。一方、人間は大量のエネルギーを消費していますが、そのエネルギーはほとんど脂肪から取り出しています。

「あれ?ブドウ糖からじゃないの?」と思った方が多いかもしれません。確かに、食後しばらくは私たちの体は炭水化物などが分解されてできるブドウ糖が生み出すエネルギーで動きます。

ところが食後2時間ほど経つと、ブドウ糖からのエネルギーは切れてしまいます。肝臓や筋肉に蓄えてある「グリコーゲン」から作ったブドウ糖を使っても、3~4時間程度しかもちません。

では、その後はどうするのか?まずは、筋肉などにあるアミノ酸からブドウ糖を作り出します。同時に、中性脂肪が分解され、脂肪酸とグリセロールになります。グリセロールは最終的にブドウ糖になりますが、脂肪酸からはケトン体が作り出され、脳を始め、ほとんどの臓器や筋肉などでエネルギーとして働きます。

つまり、私たちの体がブドウ糖をエネルギーとして使っているのは、せいぜい数時間。それ以外ではケトン体で動いているのです。

ケトン体がスムーズに働く状態こそが健康な体で、ブドウ糖だけで動く体は不健康ということです。

ダイエットのはじめに