ケトン体から考える糖質制限ダイエット成功への道

たとえ運動をしなくてもケトン体を知れば空腹感0で脂肪がスッキリ落ち、体重もストンと落ちます!糖質制限ダイエットの成功のカギはケトン体にあり!ケトン体の知識こそがあなたのダイエットを成功へと導いてくれます。

インスリンを働かせるな!

time 2016/12/08

インスリンを働かせるな!

食べたものをエネルギーに変えるしくみを代謝と言います。代謝を管理しているのは、私たちの体内にある酵素やホルモンですが、なかでも大きく関わっているのがインスリンというホルモンです。

私たちが炭水化物などを食べて血液中に糖分(ブドウ糖)が増えると、すい臓からインスリンが分泌されます。すると、全身の細胞は血中のブドウ糖を取り込み、エネルギーとして使ったり、グリコーゲンという形で蓄えたりします。そして、それらのいずれにも使われなかったブドウ糖は、脂肪として蓄積されるのです。

このように、インスリンは血液中に糖分がいつもまでも残り続けないように調整する働きがあります。ところが、食べ過ぎなどで血液中の糖分が急激に上昇すると、それを素早く下げようととしてインスリンが大量に分泌されます。その結果、今度は血糖値が下がり過ぎてしまうのです。

血糖値がある程度より下がると、私たちのからだは空腹を感じるようにできています。その空腹感は満たすために食べると、またどんどんインスリンが分泌され、余分なブドウ糖が脂肪として蓄えられていくわけです。

この「太るサイクル」を断つには、インスリンを過剰に刺激しないことが必要になります。

ダイエットのはじめに